USBブートからのCentOSインストール

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは!佐藤駿です。
手軽に即時利用できるクラウドも良いですが、物理Linuxも触っておきたいところ。
本記事ではUSBを使ったCentOSインストールを、USBブートまでご紹介します。

■用意するもの

①PC
②USB

■手順

①CentOSのisoファイルをダウンロード

下記の理研ミラーサイトからCentOS6.7(64bit)のisoファイルがダウンロードできます。

http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.7/isos/x86_64/

無題

私がダウンロードしたのは「CentOS-6.7-x86_64-bin-DVD1.iso」です。

「CentOS-6.7-x86_64-minimal.iso」はファイルサイズが小さくダウンロードも短時間で済みますが、CUIのみのインストールになります。

「CentOS-6.7-x86_64-netinstall.iso」はその名の通り、インターネット接続が前提です。

②ダウンロードしたisoファイルをUSBに焼く

こちらも方法が複数ありますが、私が使用したのはRufusというツールです。

・Rufusダウンロード

http://rufus.akeo.ie/

isoファイルを焼くデバイス(USB)とそのisoファイル本体を指定、[スタート]をクリックして進めます。

Image

③パソコンにUSBを差し、USBから起動させる

USBにisoファイルを焼き終えたら、CentOSをインストールしたいPCにUSBを差します。

ここから先の作業はPC機種によって押すキーが異なりますが、私の行った手順を書きます。

何をするかというと、通常は内部のハードディスクから起動するPCをUSBから起動する設定にします。

PCを起動し、最初に現れる画面で「F2」を押すとBIOSの設定画面に遷移します。

IMG_0687

 

[詳細]→[起動デバイスの優先順位]

 

IMG_0683

 

[除外された起動デバイス]の[USB HDD]にカーソルを合わせ「x」で[起動デバイスリスト]に入れる。

 

IMG_0684

 

[USB HDD]にカーソルを合わせ「+」を何度か押下し[USB HDD]を[起動デバイスリスト]の一番上に持ってくる。

 

IMG_0685

「F10」→[はい]を選択すると設定を保存して再起動します。

IMG_0686

④適宜設定、インストール

再起動後、下記のようなインストール画面になります。

IMG_0688

画面表示に従い、ホスト名・時刻設定・ハードディスクの領域割り当て等行いインストールを完了させて下さい。

以上です!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.