レスポンスタイムでAuto Scaling

概要

Auto Scalingで、サイトの表示時間が遅くなった時にEC2を増やす。

具体的には、

・管理サーバから対象サイトの応答時間を取得
・応答時間をCloudWatchに送信(カスタムメトリクス)
・カスタムメトリクスの値(=応答時間)に応じてEC2が増える

ということをやってみます。

スクリプトでCloudWatchにデータを送る

スクリプトを実行するEC2にIAMロールが必要です。
ドキュメントにあった下記ポリシーを使わせていただきました。

{
  "Version": "2012-10-17",
  "Statement": [
    {
      "Action": [
        "cloudwatch:PutMetricData",
        "ec2:DescribeTags"
      ],
      "Effect": "Allow",
      "Resource": [
        "*"
      ]
    }
  ]
}

サイト応答時間を取得してCloudWatchに値を送るスクリプトをcronで動かします。
まずはサイトの応答時間を取得するコマンド。

# curl -kL http://www.******.com -o /dev/null -w "%{time_total}" 2> /dev/null

次に、CloudWatchにデータを送信するコマンドです。

# aws cloudwatch put-metric-data --metric-name [メトリクス名] --namespace [名前空間] --region=[リージョン] --value [値]

メトリクス名と名前空間は分かりやすいものを。
[値]にサイトの応答時間(curlコマンドの実行結果)が入ればOKです。

総合して、下記のようなスクリプトを作成しました。

#!/bin/bash
# スクリプトを実行するEC2のリージョンをメタデータから取得
REGION=$(curl -s http://169.254.169.254/latest/meta-data/placement/availability-zone|sed -e 's/.$//g')
# 応答時間を取得したいサイトURL
URL=http://www.******.com
# curlで上記サイトの応答時間を取得
RESPONCETIME=$(curl -kL $URL -o /dev/null -w "%{time_total}" 2> /dev/null)
# 取得した応答時間をCloudWatchに送信
aws cloudwatch put-metric-data --metric-name ResponceTime --namespace AutoScaling --region=$REGION --value $RESPONCETIME

このスクリプトを管理サーバのcronに仕込んで5分おきに実行させます。

すると、CloudWatchコンソールにてサイト応答時間のメトリクスが生成されました。

アラームの作成

CloudWatchコンソールより[アラームの作成]をクリック。

さきほど生成されたメトリクス(ResponceTime)を検索・選択して[次へ]。

今回は下記のようにアラームを定義しました。
問題なければ[アラームの作成]。

 

スケーリングポリシーの作成

設定したいAuto Scalingグループの設定画面より、
[スケーリングポリシー]タブの[ポリシーの追加]をクリック。
後は、下記を参考に設定して下さい。

[作成]をクリックして完了。

なお、これだけを設定するとEC2は増えるだけで減らないので、
別途スケールダウン用のポリシーを追加してください。

動作確認

Auto Scalingグループに属するインスタンスで、
stressコマンドを実行して負荷を上げてみます。

# stress -c 10 &
※数値は適宜調節

CloudWatchコンソールを確認すると、負荷に伴い
サイト応答時間が上昇しているのが分かります。
この値が10を超えた時にEC2が増えていれば成功です!

このように、CloudWatchカスタムメトリクスを使えば
要件に合わせてスケーリングすることが出来ます!

投稿者プロフィール

sato
2015年8月入社。大学は英文科で、7月より情報系の勉強を始めました。
当面は技術者目指して頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

2015年8月入社。大学は英文科で、7月より情報系の勉強を始めました。 当面は技術者目指して頑張ります!