ケーブリング講座 vol.2 ~ストレートケーブル編~

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

BLOG資料画像1

こんにちは豊かな大島です。お久しぶりでございます。
ジメジメしてきましたね、社内も熱気ムンムンです。
もう少しで夏が訪れますが、水分をしっかり補給して熱中症対策をしましょう!
実はこの時期が一番、熱中症になる人が多いとか。。。
まだ平気!と油断してしまうんです。油断大敵です。

前回、以下のような問題を出しましたが、引っ張る必要ないのに引っ張ってしまってすみません。

Q.このブログの最初の画像(画像1)に隠されてる秘密わかりますか?

A.  ストレートケーブルのピンアサインの順番でした

答えは”ストレートケーブルのピンアサイン”でした。

今回はストレートケーブルについてご紹介致します。

ケーブリングBLOG資料1画像2

画像2のようにPC対別のデバイスに対して通信をするためのケーブルです。

PC↔HUB や PC↔SW 、ルータ↔HUB、ルータ↔SW このような場合に使います。
つまりストレートケーブルは種類が異なるデバイス同士を接続するために使います。

ピンアサインについては以下のような配列でかしめてください。

ストレートケーブル

A( オレンジ白 オレンジ 緑白 青白 茶白 茶 )

B( オレンジ白 オレンジ 緑白 青白 茶白 茶 )

 A →→→→→→→→→→→→→→→→ B

ツイストペアケーブルとRJ45を用意してストレートケーブルを作ってみましょう。

次回はクロスケーブルについてお送り致します。

これにて失礼いたします。

豊かな大島

投稿者プロフィール

豊かな大島
サバ缶食べれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.