ソースでLAMP構築+WordPress

この記事は公開されてから半年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

前の記事でApacheMySQLをソースインストールしてみたので、
今回はそこにPHPを入れてLAMPにして、WordPressサーバにしてみます。

最下部に「エラー無しでやる方法」を記載しています。

■PHPインストール

PHPもソースインストールです!
ソースファイルをダウンロードして解凍します。

# cd /usr/local/src
# wget http://php.net/get/php-7.1.0.tar.gz/from/this/mirror -O php-7.1.0.tar.gz
# tar xvzf php-7.1.0.tar.gz

半年以上前ですが、パッケージで構築したLAMP環境にWordPressをインストールする、という記事を書きました。
その時にyumで入れた必要パッケージ(php-mbstring php-gd php-mysql)から、必要そうなconfigureオプションを調べました。

# cd php-7.1.0
# ./configure --enable-mbstring --with-gd --with-mysqli=mysqlnd

configure実行後下記エラーが。

configure: error: xml2-config not found. Please check your libxml2 installation.

libxmlがインストールされていないってことかな、と思いインストールしようとすると…

# yum install libxml2
Loaded plugins: priorities, update-motd, upgrade-helper
amzn-main/latest                                                                                                                               | 2.1 kB     00:00
amzn-updates/latest                                                                                                                            | 2.3 kB     00:00
Package libxml2-2.9.1-6.3.49.amzn1.x86_64 already installed and latest version
Nothing to do

既にある、と言われてしまいます。???
これ↓が足りなかったようです。

# yum install libxml2-devel

再度configureします。するとまたエラーが発生。

# ./configure --enable-mbstring --with-gd --with-mysqli=mysqlnd
~
checking for FreeType 2... no
checking whether to enable truetype string function in GD... no
checking whether to enable JIS-mapped Japanese font support in GD... no
If configure fails try --with-webp-dir=
configure: error: png.h not found.

下記モジュールが足りなかったようなのでインストールします。

# yum install libpng-devel

そして再々度configure。
問題なければコンパイル(make)→インストール(make install)。

# ./configure --enable-mbstring --with-gd --with-mysqli=mysqlnd
# make
# make install

PHPがインストールできたようです。
Apacheのドキュメントルートにテスト用のphpinfoを作成してみます。

# vi /usr/local/apache2/htdocs/test.php
<?php echo phpinfo(); ?>

PHPと連携させるためApacheを再起動します。

# /etc/init.d/httpd restart

下記URLにアクセスするとphpinfoが表示されるはず。
…だったのですがどうもうまくいかないようで、ただの文字列(ブラウザによっては空白)として表示されてしまいました。

http://サーバIP/test.php

ApacheとPHPの連携に必要なオプションが抜けていたようです。
このオプションを追加して再度configureしてみましょう。

(/usr/local/src/php-7.1.0 内で)
# ./configure --enable-mbstring --with-gd --with-mysqli=mysqlnd --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs
# make
~
/usr/local/src/php-7.1.0/ext/standard/info.c:1034: undefined reference to `_tsrm_ls_cache'
/usr/local/src/php-7.1.0/ext/standard/info.c:1037: undefined reference to `_tsrm_ls_cache'
/usr/local/src/php-7.1.0/ext/standard/info.c:1040: undefined reference to `_tsrm_ls_cache'
collect2: error: ld returned 1 exit status
make: *** [sapi/cli/php] Error 1

エラーが発生しましたが、make clean(※)をしたら直りました。
※中間ファイル等を削除しソースコードのみの状態にする

# make clean
# make
# make install

それでは再度Apacheを再起動してさきほどのURLにアクセスしてみましょう。

# /etc/init.d/httpd restart

結果はさきほどと同じ。

ここでかなり詰まりましたが、httpd.confを編集することで解消しました。
まず、conf内で指定するphp.iniをコピーで作成します。

(/usr/local/src/php-7.1.0 内で)
# cp -ip php.ini-production php.ini

Apacheのconfに必要な設定を追記します。

# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
~
    AddType application/x-compress .Z
    AddType application/x-gzip .gz .tgz
    AddType application/x-httpd-php .php
    AddType application/x-httpd-php-source .phpsPHPIniDir "/usr/local/src/php-7.1.0/php.ini" (最下行)

設定反映のためApacheを再起動します。

# /etc/init.d/httpd restart

さきほどのURLを確認すると、phpinfoが表示されました!

なお、外部からphpinfoが見えるのはよろしくないので、削除しておきます。

# rm /usr/local/apache2/htdocs/test.php

■WordPressインストール

下記サイトから最新版のWordPressをダウンロードできます。

https://ja.wordpress.org/

まずはzipファイルをダウンロード→解凍。

# cd /usr/local/src
# wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.7-ja.tar.gz
# tar xvzf wordpress-4.7-ja.tar.gz

解凍されたディレクトリを、ドキュメントルート直下に配置。
Apacheがアクセスできるよう所有者を変更します。

# mv wordpress /usr/local/apache2/htdocs/
# chown -R apache:apache /usr/local/apache2/htdocs/wordpress/

sampleファイルからwp-configを作成し、編集します。
作成するDB名ユーザ名パスワードを記載します。

# cd /usr/local/apache2/htdocs/wordpress/
# mv wp-config-sample.php wp-config.php
# vi wp-config.php
~
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpressdb');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'wordpressuser');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'wordpresspassword');
~

MySQL側でもDBとユーザを作成しておきます。

# /usr/local/mysql/bin/mysql -u root -p

mysql> create database wordpressdb;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

mysql> grant all privileges on wordpressdb.* to "wordpressuser"@"localhost" identified by "wordpresspassword";
Query OK, 0 rows affected, 1 warning (0.01 sec)

mysql> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.02 sec)

下記URLにアクセスするとWordPress初期設定画面に遷移するはず。

http://サーバIP/wordpress

でしたが、こんな表示になりました。

これも煮詰まりましたが、気づいてみれば簡単。
DirectoryIndexにindex.phpを追加してあげましょう。

# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
~
    DirectoryIndex index.html index.php

Apacheを再起動して再度さきほどのURLにアクセスすると…

# /etc/init.d/httpd restart
http://サーバIP/wordpress にアクセス

WordPressの設定画面になりました。
初期設定を進め、しかしいざログインしようとするとまたエラーが。
HTTP500エラーとのこと。

ログを確認してみると、

# tail /usr/local/apache2/logs/error_log
~
[Mon Dec 19 16:48:23.753638 2016] [php7:error] [pid 8145:tid 140480075470592] [client **********] PHP Fatal error:  Uncaught Error: Call to undefined function gzinflate() in /usr/local/apache2/htdocs/wordpress/wp-includes/class-requests.php:947\nStack trace:\n#0 /usr/local/apache2/htdocs/wordpress/wp-includes/class-requests.php(886):

gzinflateという関数が無いよ、というエラーのようです。
この関数を扱えるように、–with-zlibというコンパイルオプションを付与してPHPを再インストールします。

# cd /usr/local/src/php-7.1.0
# ./configure --enable-mbstring --with-gd --with-mysqli=mysqlnd --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs  --with-zlib
# make
# make install
# /etc/init.d/httpd restart

そしてApacheを再起動してURLを確認すると、今度は見れるようになりました!
ここから記事の編集などが行えます。

■ちなみに

WordPressを構築して、(EC2のAMIとかの)イメージにしてそこから起動するとWordPressが使えなくなります。
これはサーバのIPが(それに伴いサイトのURLも)変わるからですが、
この現象に対して、私は長いことWordPress再インストールで対応していました。

再インストールは面倒なので、サイトURLを保存しているテーブルを新しいURLで更新してあげましょう。

mysql> use wordpressdb (どんな名前のDBを使用するかは、設定により異なります)
mysql> update wp_options set option_value = 'http://~(新しいURL)' where option_name = 'siteurl' ;
mysql> update wp_options set option_value = 'http://~(新しいURL)' where option_name = 'home' ;

■エラー無しでやる方法

・必要なパッケージのインストール

# yum install libxml2-devel libpng-devel

・PHPインストール

# cd /usr/local/src
# wget http://php.net/get/php-7.1.0.tar.gz/from/this/mirror -O php-7.1.0.tar.gz
# tar xvzf php-7.1.0.tar.gz
# cd php-7.1.0
# ./configure --enable-mbstring --with-gd --with-mysqli=mysqlnd --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs  --with-zlib
# make
# make install

・PHP、Apache設定

# cp -ip php.ini-production php.ini
# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
~
    DirectoryIndex index.html index.php
~
    AddType application/x-compress .Z
    AddType application/x-gzip .gz .tgz
    AddType application/x-httpd-php .php ←追加部分
    AddType application/x-httpd-php-source .phps ←追加部分
~
PHPIniDir "/usr/local/src/php-7.1.0/php.ini" ←最下行に追加

# /etc/init.d/httpd restart

・WordPressインストール

# cd /usr/local/src
# wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.7-ja.tar.gz
# tar xvzf wordpress-4.7-ja.tar.gz

# mv wordpress /usr/local/apache2/htdocs/
# chown -R apache:apache /usr/local/apache2/htdocs/wordpress/

# cd /usr/local/apache2/htdocs/wordpress/
# mv wp-config-sample.php wp-config.php
# vi wp-config.php
~
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpressdb');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'wordpressuser');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'wordpresspassword');
~

・WordPressインストール(DB)

# /usr/local/mysql/bin/mysql -u root -p

mysql> create database wordpressdb;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

mysql> grant all privileges on wordpressdb.* to "wordpressuser"@"localhost" identified by "wordpresspassword";
Query OK, 0 rows affected, 1 warning (0.01 sec)

mysql> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.02 sec)

http://サーバIP/wordpress にアクセスして初期設定を進める

投稿者プロフィール

sato
2015年8月入社。大学は英文科で、7月より情報系の勉強を始めました。
当面は技術者目指して頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ABOUTこの記事をかいた人

2015年8月入社。大学は英文科で、7月より情報系の勉強を始めました。 当面は技術者目指して頑張ります!