AWS Code Commitとは?ソース管理の収納庫


57

AWS Code Commitの概要

AWS Code Commitは、プライベート Git リポジトリを安全にフルマネージドで提供するソース管理サービスです。要するに収納庫。
AWS Code Commitは、安全でスケーラビリティの高いサービスで、開発チームメンバーは特別にシステムを稼働させたり、作業量に応じてスケール管理をすることなく、簡単にコードをもとに連携して作業をすすめることができます。

開発業務ではコード変更を管理するソース管理が非常に重要です。そのためソース管理をするためのソース管理システムを活用してコード変更履歴を管理し、多様なコード変更を追跡できるようにすることで、複数のソースを使った大規模なプロジェクトでも円滑に作業がすすむようにしています。

たとえばコード管理システムは下記のようなケースで活用します。

  • プロジェクトを過去のバージョンに戻す必要が生じた際、コード管理システムを使ってコード変更履歴を追跡する
  • 大規模で複雑な開発でチームが連携してコードを作成する
  • トラブルが発生した時にコード変更を実行した担当者や変更内容を迅速に確認するAWS CodeCommitが取り扱うGit は、オープンソースの分散型ソース管理システムで、AWS CodeCommitは、GitリポジトリをAWSクラウドで提供するフルマネージドタイプのソース管理サービスです。

AWS Code Commitの利点

・開発チームのコラボレーションを高める

AWS CodeCommitは、チームでの開発に適した設計がなされており、コードをもとに簡単に連携がとれることで開発チームのコラボレーションを高め、効率的な開発業務に役立ちます。

・ソース管理のための運用管理の必要がなくなる

AWS CodeCommitは、フルマネージドタイプのソース管理サービスのため、ソース管理のためのサーバー設置、運用管理維持するためのバックアップ、スケーリングなどをする必要がなくなります。ソース管理に関わる一連の運用管理維持はAWSCodeCommitが実行し、作業量が増加しても自動的にスケーリングを行います。

安全性に優れている

AWS CodeCommitは安全性に優れたサービスで以下の対応がされています。

通信中、保管中のファイルを自動的に暗号化

AWS Identity and Access Management(IAM)と連携しユーザー固有のアクセス許可をリポジトリに設定

・可用性と耐久性に優れている

AWS Code Commitはプライベート Git リポジトリをAmazon A3とAmazonDynamoDBに保存し、暗号化されたデータは複数の施設に保存されます。そうすることで、リポジトリの可用性と耐久性を向上させています。

Gitツールとの連携

AWS Code Commitは、GitリポジトリをAWSクラウドで提供するフルマネージドタイプのソース管理サービスであり、既存のGitツールをそのまま使えます。

参考資料
https://aws.amazon.com/jp/codecommit/