Amazon CloudFrontとは?グローバルな配信ネットワーク


Amazon CloudFrontの概要

Amazon CloudFrontは、様々なAWSサービスと連携する CDN サービスです。CDN(Content Delivery Network)とは、ウェブコンテンツを大量かつ高速で配信可能に最適化されたネットワークの事で、大容量のコンテンツでもサーバーに大きな負担がかからずレイテンシーが予防されています。インターネット上では様々なコンテンツが大容量かつ高速通信が必要になってきています。画像、音楽、動画、ゲームなどはリアルタイムで低レイテンシーの配信が必要とされることが多くなってきており、CDNのニーズは高まっています。

Amazon CloudFrontの利点

AWSのグローバルなネットワークを活用するAmazon CloudFrontは、世界中に分散されており、太平洋・大西洋、地中海などの大洋横断ケーブルで接続されている完全冗長性をもつパラレル100GbEメトロファイバーネットワーク上でグローバルに構築されています。CloudFrontは、ネットワークの状態を自動的にマッピングし、ユーザーのトラフィックに応じて、最もパフォーマンスが高いところへルーティングします。

高い安全性

Amazon CloudFrontを活用することで、ネットワークレベルとアプリケーションレベルが保護され高い安全性が確保でき、PCI DSS、ISO/IEC、SOC 1/2/3、FedRAMPModerate、HIPAAなどのセキュリティコンプライアンス認定を取得しています。

Amazon CloudFrontでは、脅威となっているサイバー攻撃撃対策として、AWS Shield Standardや、AWS Shield Advanced 、 AWS Web Application Firewall(WAF)、Amazon Route 53といったAWSサービスとシームレスに連携し、DDoS攻撃などの巧妙化された多種のサイバー攻撃に対抗しています。

高い可用性

Amazon CloudFrontでは、コンテンツのオリジナルを配置するオリジンサーバーとグローバルな範囲で設置されたエッジサーバーで保管し、ケースに合わせて配信元を分散することで、高い可用性を実現しています。

さらに、システムに障害が発生した時のリスクに備え冗長性を向上するためにオリジンサーバーに、EC2 インスタンス、Amazon S3 バケット、メディアサービスなどのAWSサービスなど複数のAWSオリジンを使用でき、AWS以外のオンプレミス のHTTP サーバーを使うことも可能です。

参考資料

https://aws.amazon.com/jp/cloudfront/