Amazon RDSとは?マネージド型のリレーショナルデータベースサービス


Amazon RDSの概要

Amazon RDSは、クラウド内でMySQL、PostgresSQL、Oracle、SQL Server、MariaDB など使い慣れたデータベースを簡単にセットアップし、運用やスケーリングも行ってくれるマネージド型サービスです。

Amazon RDSはコスト効率も良く、データベース容量を柔軟に変更対応します。

Amazon RDSの利点

管理が簡単

Amazon RDS では、Amazon RDS マネジメントコンソール、AWS RDS コマンドラインインターフェイス、APIコールを使用することで、リレーショナルデータベースの機能へ簡単にアクセスできます。

また、データベースのソフトウェアのインストールやメンテナンスも必要ありません。

性能

Amazon RDSではタイプによって性能が変わり、柔軟に対応することができます。

汎用 (SSD) ストレージ

SSD タイプのストレージオプションで、プロビジョニングされた容量 (GB) あたり 3 IOPS の安定したパフォーマンスを実現し、最大 3,000 IOPS までバーストすることができます。

プロビジョンド IOPS (SSD) 

高速かつ予測可能な一貫した I/O パフォーマンスを提供するよう設計されたオプションです。このストレージタイプは I/O 負荷の高いトランザクション (OLTP) データベースのワークロード向けに最適化されています。また、データベースインスタンスごとに最大 40,000 IOPS をプロビジョニングできますが、実際には IOPS はデータベースのワークロード、インスタンスタイプ、データベースエンジンによって変動します。

セキュア

Amazon RDSは、VPC上に稼働させることができ、独立したRDSを稼働させることができます。

また、Amazon RDSは保管するデータや、データ転送時には暗号化をサポートしているのでセキュリティ面でも安心して使用できます。

可用性と耐久性

Amazon RDSはマルチAZのDBインスタンスをプロビジョニングすることにより、異なるAZにデータを複製することができるため、可用性を高めることができます。

また、本番稼働のデータベースの信頼性を高めるために自動バックアップ、データベーススナップショット、ホスト自動交換といった機能もあります。

コスト

初期費用は不要で作ったデータベースインスタンスのリソース分に対して支払いが発生する従量課金制となっています。

またリザーブドインスタンスによる割引もあるため安価にデータベースを使用することができます。

まとめ

Amazon RDSはクラウド上にリレーショナルデータベースのセットアップから運用、スケールまでを簡単にすることができます。またAmazon Aurora、PostgreSQL、MySQL、MariaDB、Oracle データベース、SQL Serverといったデータベースエンジンから選択することができます。

参考資料

https://aws.amazon.com/jp/rds/