AWS CodeStarとは?使いたいアプリケーションの土台が出来ている


AWS CodeStarの概要

AWS CodeStarとは、統合されたインターフェースで継続的デリバリーのツールチェーンを構築、運用できるサービスです。統合されたインターフェースが備わっているためアプリケーション開発全体をわかりやすく管理することができます。

AWS CodeStarには、AWS上でアプリケーション開発のビルド、テストからデプロイまでの一連の作業が効率的でスピーディーに実行するためのツールが用意されています。

AWS CodeStarには、多くのテンプレートが用意され下記のAWSサービスと連携してアプリ ケーション開発に取り組めます。一言で簡単に言うと、使いたいアプリケーションの土台が出来ているので、味付けをしていけばよくてAWSが使い慣れていない人にもおすすめです。

  • Amazon EC2
  • AWS Lambda
  • AWS Elastic Beanstalk

また、下記のプログラミング言語に対応しています。

AWS CodeStarの利点

プロジェクトを一元管理

AWS CodeStarは、ダッシュボードによって、プロジェクト全体を一元管理し、監視を行います。また、アプリケーション監視サービスであるAmazon CloudWatchやプロジェクト管理ツールであるAtlassian JIRA Softwareなどと統合することで、アプリケーションやJIRAの問題の監視、追跡、管理をすることが可能です。

組み込まれたアクセス管理

AWS CodeStarにはセキュリティ対策として、AWS Identity and AccessManegement(IAM)による開発者のアイデンティティ管理がおこなわれ、アクセス管理が簡単なセキュリティポリシーが組み込まれており、所有者、コントリビューター、ビューワーの3つのアクセスレベルに応じてアクセスが可能となっています。

アプリケーションコードはAWS CodeCommitによって安全に保管

AWS CodeStarでのアプリケーションコードはAWS CodeCommitによって安全に保管されます。AWS CodeCommitは、フルマネージドタイプのソース管理サービスのため、ソース管理のためのサーバー設置、運用管理維持するためのバックアップ、スケーリングなどをする必要がなくなります。

AWS CodePipelineと連携して継続的デリバリーの自動化をする

AWS CodeStarは、AWS CodePipelineと連携して、コードのビルド、テスト、デプロイが自動化された事前設定済みのパイプラインが設定されているため、アプリケーション開発のビルド、テストからデプロイまでの一連の作業をスピードアップしユーザーへのリリースまでにかかる時間を短縮化します。

アプリケーションコードを簡単に更新する

AWS CodeStarは、AWS CodeDeployやAWS CloudFormationと統合することで、アプリケーションコードを簡単に更新し、Amazon EC2やAWS Lambdaにデプロイすることができます。

IDEと統合することが可能

IDEと統合するとブラウザからコードの記述、実行、修正できます。AWS CodeStarはAWS Cioud9、Microsoft Visual Studio、Eclipseといった多くのIDEと統合できます。たとえば、AWS Cioud9には、AWS コマンドインターフェイスが装備された端末がセットされており、さまざまなAWSサービスとのアクセスが可能です。

参考資料

https://aws.amazon.com/jp/codestar/