AWS IoT Greengrassの概要とメリット


AWS IoT Greengrassの概要

AWS IoT Greengrassとは、エッジデバイスを使うことにより、ローカルコンピューティングやデータ管理、同期の他にML推論機能を提供します。オープンソースエッジランタイムやクラウドサービスであり、ソフトウェアの開発から管理まで行います。

さまざまなデバイスにおいて、AWS IoT Greengrassを利用することができます。

通常このようなシステムを構築するには数か月かかり専門知識も必要ですが、AWS IoT Greengrassを使って構築するとスムーズに進めることができます。

AWS IoT Greengrassの利点

AWS IoT Greengrassの利点は、以下の2点です。

  • デバイスの通信を保護する
  • オフラインで動作

デバイスの通信を保護する

デバイスデータを暗号化することにより、デバイスの通信を保護することができます。

また、AWS IoT Device SDKを使うことにより、他のローカルデバイス間での共有が可能です。

オフラインで動作

AWS IoT Greengrassは、オフラインでも動作をすることができます。

AWS IoT Greengrassのまとめ

AWS IoT Greengrassはエッジデバイスを使うことにより、ローカルコンピューティングやデータ管理、デプロイ、デバイスソフトウェアの構築などを行います。

参考資料

https://aws.amazon.com/jp/greengrass/

>>AWS導入無料相談はこちらから


前の記事

AWS IoT Coreの概要とメリット