最近のコメント


    • 内定式メモ

      今年は、変えてみた。
      毎年、エレファントシンドロームか学生と社会人の違いか仕事とはか人生のポイントなどの話。

      今年は以下。

      人生の大きな変換ポイントに入っています。
      これから、親から巣立ち人生の道を歩んで行きます。
      ん?道?道とはどういう意味だろう。

      道の由来
      「首」は人間、「しんにゅう」は止ると行くという字の組み合わせ。(weblio参照)
      あたり前の話ですが、人が通る事を意味する。道路・人生など。

      そういえば、道が付くものが多いのに気づいた。
      柔道・剣道・合気道、茶道などなど

      スポーツ種目というところもあるが、道がつくからには、人が通る道かな。
      体力・技術だけではなく、スポーツを通じて、心や精神の修行も含まれる気がする。

      武道も調べてみた。
      明治維新以降に古武道から発展。
      その技を磨く稽古を通じて人格の完成を目指す。人間形成の道である。(wikipedia参照)

      経験を通じて、人間として成長をするという事ですね。
      若い時のスポーツの経験が振返ってみるといろいろ参考になる。
      例えば、チームワーク・場の雰囲気・流れ・教え方・人間関係・自分の心のコントロールなど。

      私の経験で言うと、何も分からない時は理論より先に行動して失敗して多少でも成長した。
      はじめから理論を分かってやればいいのだが、そんなに要領は良くない。

      逆に理論ばかり知っていて、行動しないと経験にならない。
      現在の世の中、インターネットを通じていろいろな情報は収集できる。
      情報が多いから、読んで納得してしまい行動経験が少なくなる事が多いかも。
      たまに、そういう事もあります。
      若い時は体が丈夫なのでとにかく行動をたくさんしましょう。

      人生の道。
      まずは、体を動かし、どんどん経験を積み、更に勉強をし人間を形成していくもの。

      やるのは自分だ!

      投稿者プロフィール

      kururimoge
      株式会社スカイアーチネットワークス
      代表取締役社長 江戸達博

      Posted by kururimoge @ 3:33 PM

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.