サーバーレス アーキテクチャ

SERVERLESS ARCHITECTURE

サーバー管理のプロによる マネージドサービス

サーバーレスアーキテクチャのシステム開発・運用

サーバーレスとは?

WEBサービス、サイト運用には、システムを動かすためのサーバーが必要です。そしてそのサーバーは、常に稼働していなければなりません。この為システムの開発、構築はもちろん、一定規模のサーバーの運用、保守にも常にコストが発生します。しかし、サーバーレスでの運用の場合、システムに必要な容量を、システム稼働時のみのコストで利用する事が出来るので、その運用、保守のコストも抑える事が出来ます。さらにあらかじめ準備されている汎用的システムを活用すれば、開発コストも抑える事ができ、大幅なコストの削減が期待できると考えられます。

スカイアーチでは、サーバーレスアーキテクチャ(構成)のコンサルティングから、サーバーレスでのシステム開発、運用を、マネージドサービスでご提供致します。

AWSにおけるサーバーレス構成

AWSにおいてのサーバーレス構成は、「Amazon S3、DynamoDB、Lambda これらの活用によって、EC2などの仮想化インスタンスサーバーを使わずにWEBサービスを開発する論理的構造(アーキテクチャ)」となります。

「サーバーレス」というのは、Amazon S3、Lambda 等のサービスが、サーバーを使用していない…ということではありません。これらのサービスももちろんAWSサーバー上で動いています。しかし、システム運用の為に、EC2使用時の様に、固定スケールのサーバー領域の常時稼働を必要としている訳ではありません。「サーバーレス」の定義としては、ユーザーがサーバー領域を意識せず、直接利用出来るサービスを活用した構成、と言えるでしょう。

AWSの「EC2」と「Lambda」の違い

EC2インスタンスを利用する場合、起動直後はOSがインストールされただけの状態となり、システムを稼働させるには、アカウントの初期設定を始め、各種ミドルウェアをインストールするなどの、環境構築が必要となります。しかし、Lambdaを利用した場合、AWSの提供した実行環境の中で起動する為、プログラムさえ用意すれば、すぐに使用が可能となります。

また、料金も、システムの実行時間のみの課金になりますので、コストの削減が期待出来ます。

EC2 インスタンス

  • 汎用的なサーバー
  • 起動直後はOSインストールのみの状態
  • 初期設定、環境設定が必要
  • システムの運用、保守、監視が必要
  • 利用出来るのは契約したサーバーの容量
  • 一定料金。仮想サーバー稼働時間内の代金

Lambda

  • インフラ環境の整備、必要無し
  • 実行環境は、AWSが提供
  • ミドルウェア等の脆弱性対応不要
  • トリガを選択し、プログラムをアップロードすれば直ちに動作
  • 自動スケーリング対応
  • システムを実行時間(100ミリ秒単位)で課金
  • 利用されなければ無課金

「Lambda」とAWSサービス

「Lambda」は、AWS環境にすでに用意されている多種多様なサービスと連携して利用する事が出来ます。基本的なWEBサービスの土台はそろっていますので、最小限のプログラミングでシステムを構築する事ができ、運用を始める事が出来ます。

「Lambda」に組み合わせて使用出来る代表的なAWSサービス

AWS

まずはご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
03-6743-1100

「Lambda」の特性

「Lambda」は設定されているプログラムを起動させる実行環境となります。起動条件が整った際に、プログラムをLambda環境に呼び出し、実行されます。この為、Lambdaでは、実行した時間とその回数のみの課金となります。ですから、待機時間の長いシステムや、CPUの負荷が時間帯によって差のあるシステムなどに導入すれば、大幅なコストの削減が期待できます。

しかし、ゲームアプリや配信系サービスなど、常にシステムの動いている必要のあるサービスや、高負荷な状態が長時間続くシステムなどでは、Lambda、すなわちサーバーレス構成は不向きなものと言えます。

スカイアーチでは、お客様のサービス・システムを充分に検討の上、有効にサーバレス構成を導入出来る様、マネージドサービスにてサポートいたします。

サーバーレス構造・実績

大量のアクセスを捌くアーキテクチャ

下記はある企業のサイトで実装した、サーバーレスの導入例です。ネットでの注文のデータを今後に活かす為、データベースに蓄積するシステムになります。これをオンプレミス(自社運用)で賄おうとすると膨大なサーバーが必要となります。そこでAWSを利用した実装を考察しましたが、システムの常時起動、AutoScaleによる負荷の対応、RDSの同時接続数などの課題が上りました。

AWS

上記を踏まえ、サーバーレス構成での実装です。API Gatewayでリクエストを受けた際にLambdaを起動。処理したデータをAWS環境のSQSにてキューとして一旦保存。このキューをもう一つのLambdaの定期実行によりチェックして、データべースに保存する、という構成です。リクエストと定期時実行によるLambdaの起動で、運用コストの削減が期待でき、キューイングによる保存処理によって、データベースへの負荷を軽減します。

AWS

このように部分部分でシステムを分割し、疎結合なアーキテクチャを採用する事で、下記のようなメリットを享受する事ができます。

  • 大量のアクセスを捌くことが可能となる
  • 並行開発が可能となる
  • メンテナンスを容易に実施出来る

サーバレスアーキテクチャの動作確認

リクエスト結果をS3へファイル保存を行うサーバレス構成を元にサーバレス構成の監視方法をご説明します。

AWS

Lambdaより、定期実行でサンプルリクエストをして、正しい流れでS3へのデータ保存が出来ているかを監視します。異常が検知された際には、管理者へアラートメールが送られます。

料金表

サーバーレスアーキテクチャ サービスの料金表になります。

項目 価格
PoC/コンサルティング費用
  • POC(実地検証)フェイズを含む費用です。
¥500,000~
初期・構築費用 ¥1,000,000~
月額費用 ¥25,000~
  • カスタム監視も可能です。
  • 表記は、税抜きとなります。
  • 上記価格は目安になります。価格はシステム構成によって異なります。はずはご相談ください。

まずはご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
03-6743-1100

備考

関連サービス

AWS 運用代行

このページをシェア

最終更新日

2017.10.26

公開日

2017.10.26

お電話でのご相談・お問い合わせはこちら

お電話でのご相談・お問い合わせはこちら 03-6743-1100 価格や仕様、サービスの詳細などのお問合せから、クラウド導入についてのわからないことなどまで。

価格・仕様などサービス詳細のお問い合わせや、クラウド導入の分からないことなど、お気軽にご連絡ください。

フォームでのお問い合わせ(無料)