Amazon DynamoDBとは?NoSQL データベースサービス


AmazonDynamoDBの概要

Amazon DynamoDBとはスケールに関係なく数ミリ秒台で、パフォーマンスを実現することができるフルマネージド型 key-value およびドキュメントデータベースです。

マルチリージョン、マルチアクティブで耐久性のあるデータベースであり、インターネット規模のアプリケーションのインメモリキャッシュが組み込まれています

Amazon DynamoDB では1 日に 10 兆件以上、毎秒 2,000 万件を超えるリクエストを処理することができます。

様々な規模で低レイテンシーなデータアクセスが必要なモバイル、ウェブ、ゲーム、広告技術、IoT、その他のアプリケーションのデータベースとして、DynamoDB を使用されています。

Amazon DynamoDBの利点

サーバー管理が不要

Amazon DynamoDBはサーバーレスであることから、プロビジョニング、パッチ適用などの、サーバーを管理する手間がなくなります。
DynamoDBはテーブルを自動的にスケールアップ、またはダウンすることで容量を調整しパフォーマンスを維持します。

セキュリティ

Amazon DynamoDBはデフォルトですべてのデータを暗号化し、すべてのテーブルに対して
事細かにID とアクセスコントロールをサポートしています。
さらにデータを完全にバックアップし、直前35日間の任意の時点への復元することができます。

AWS Lambda で変更の追跡

Amazon DynamoDBはAWS Lambda と統合されており、トリガーを利用することで、項目レベルの変更がテーブル内で検出されたとき、自動でカスタム関数を実行し通知の送信や、ワークフロー開始など、設定したアクションを実行できます。

Auto Scaling

DynamoDB は、アプリケーションのパフォーマンス状況を監視して、設定されたキャパシティーに基づき、スループットとストレージの自動スケーリングを行います。
トラフィックが増加すると、DynamoDB は負荷に対応できるようにスループットを増大し、トラフィックが低下すると、DynamoDB によってスケールダウンされるため、コスト効率もよくなります。

まとめ

Amazon DynamoDBとはどれだけ大きな規模であっても、ミリ秒単位の低レイテンシーのアクセスを提供することができるkey-value およびドキュメントDBMSデータベースです。
Amazon DynamoDBはフルマネージド型であることから、メンテナンスが必要ないため開発者の負担を減らすことができます。

参考資料
https://aws.amazon.com/jp/dynamodb/