WEBコンテンツ移行サービス

企業のクラウド利用が浸透している昨今、レンタルサーバーのサービス提供終了や、サーバー機器の老朽化等でサーバー移行の必要に迫られている企業が増える一方で、「WEBコンテンツの移行を自社で行うノウハウがない」、「古いWEBコンテンツのため最新の環境では稼働させることが出来ない」といった理由でクラウドへの移行が進まない企業が多くいらっしゃいます。スカイアーチネットワークスは、そういったニーズにお応えするため、「WEBコンテンツ移行サービス」を提供することでクラウドへの移行をご支援します。

「WEBコンテンツ移行サービス」は、設計書・仕様書等が無いお客様や、社内の担当者やWEB制作会社の担当が不在の場合でも、既存のWEBコンテンツを移行することが可能です。

こんな事でお困りではないですか?

  • 利用しているレンタルサーバーのサービスが突如終了することになったが、社内に担当者がおらず分からない。
  • サーバーに不具合が出はじめ、移行したいがコンテンツ移行を自社で行うノウハウがない。
  • WordPressのバージョンアップを行いたいがミドルウェアのバージョンが古くて実施できない。
  • メディアなどへの露出に伴いアクセスが増えたが、セキュリティ面等含めて不安がある。
  • 他社に依頼をしたら断わられた、またはフルリニューアルを勧められたが予算が取れない。

サービスフロー

サービスフロー

WEBコンテンツ移行可否判断・見積もりに必要なヒアリング項目

  • (1)移行の背景やスケジュール
  • (2)移行対象全てのFQDN
  • (3)サーバーのroot権限があり、ログイン可能であること
  • (4)最低限のサーバー情報(利用ドメインやOS、ミドルウェア種類、バージョン等)
  • (5)利用しているWEBアプリケーション(WordPressやMT、独自システムなど、わかる範囲で)
  • (6)その他移行に合わせて修正・追加などのご要望
    • リニューアルをしたい
    • SSLを導入したい(常時SSL含む)
    • コンテンツはそのままでWordPressを導入したい
    • フォームを実装・改修したい
    • 軽微なコンテンツ修正を定期的にお願いしたい
    • Flashをjpegなどに変更したい 等。

※移行可否及びお見積もりは、上記情報がそろってから3営業日ほどで提示可能

※内容によってはヒアリング訪問が必要

料金表

サービス名 初期費用
WEBコンテンツ移行サービス ¥100,000~

※表記は税抜きとなります。

※移行後1年間はWEB運用保守サービスのご加入をオススメしております(月額36,000円~)

備考

関連情報

CONTACT内製化支援、クラウド導入やサービスの詳細についてはお気軽にお問合せください。

AWSサービスや企業情報等の資料を無料で
ダウンロードいただけます

資料請求

Webからの各種お問い合わせは
こちら

お問い合わせ

AWSクラウド導入の無料相談会を
随時実施中

無料AWSオンライン相談会

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-6743-1100

(平日10:00~18:00)
  • aws partner Advanced Tier Services
  • aws partner Select Tier Training
  • aws partner L1 MSSP Services Competency
  • aws partner Managed Service Provider
  • aws partner Immersion Day
  • aws partner Well-Architected Partner Program
  • aws partner Solution Provider
  • aws partner Amazon DynamoDB Delivery
  • aws 300 CERTIFIED
    • プライバシーマーク
    • ISO/IEC 20000-1:2018 認証
    • ISO/IEC 27001:2013
    • 仕事と介護の両立支援
    • 職場環境改善宣言企業
    • 経営労務診断実施企業