CSR

Corporate Social Responsibility

スカイアーチネットワークスはお客様、従業員、社会と共に成長しながら一体となり活動していくうえで、より良い未来への啓発活動を行います。

被災地支援活動

IT業界と被災地の復興をつなぐ、 サーバー管理 ( サバカン ) 屋の サバ缶 ( サバカン ) プロジェクト

スカイアーチでは名刺代わり市販のサバ缶をお渡ししていましたが、「どうせ配るなら、おいしいサバ缶の方が良い!」との声より、木の屋石巻水産とタッグを組んで、『サーバー屋のサバ缶(みそ煮)』を商品化いたしました。

『サーバー屋のサバ缶』は、さばのゆ(世田谷区経堂)の店主・須田泰成氏とスカイアーチネットワークスの社員が、サバ缶の縁で偶然知り合ったことから、企画がスタート。缶詰博士として高名な黒川勇人氏を ”缶修” に迎え、木の屋石巻水産(宮城県石巻市)の担当者と打ち合わせを重ねて、商品化を実現。完成した『サーバー屋のサバ缶』は、スカイアーチネットワークス社が、営業ツールとして使用する以外に、ネットや日本百貨店などの店舗でもご購入いただけます。

価格は 380 ( サバ ) 円。売上げ金額の 38 ( サバ ) %は、東日本大震災の被災地の子供たちを応援する活動に寄付される仕組みとなっており、継続的な支援活動にも取り組んでいます。

冷凍ではない獲れたての新鮮なサバと、石巻の老舗「高砂長寿味噌」の極上の味噌をふんだんに使用
【サーバー屋のサバ缶WEB】 https://www.sabacan.info/


木の屋石巻水産

宮城県石巻市の漁港に朝水揚げされた新鮮なサバを冷凍せず、そのまま缶詰にするフレッシュパックの製法でおいしい缶詰の製造を続け、全国のグルメの支持を得てきたメーカーです。

東日本大震災では、本社・工場などが壊滅的な津波被害を受けましたが、世田谷区経堂のさばのゆ、まことや、きはちなどの飲食店の人や常連客が中心になり、泥に埋もれた缶詰を掘り起こし、東京に持ち帰り、洗って、売る活動がブームになり、缶詰27万個が消費者の手に届き、工場再建のきっかけとなった実話は、テレビ、新聞、ネットなどで、全国的に有名になりました。

関連情報

  • モリウミアス (寄付先)

  • 木の屋石巻水産

  • さばのゆ

  • 日本百貨店(店舗販売)

  • 江戸商店 (ネット販売)

過去のイベント

第4回 店頭販売

2017.03.11

第3回 店頭販売

2016.03.11

社員向けサバ缶講演会

2016.03.04

寄付先の活動見学

2016.02.28

サバ缶工場見学

2016.02.27

第2回 店頭販売

2015.09.27

サーバー屋のサバ缶祭り!

2015.03.11

サバ缶工場見学

2015.03.10

第1回 店頭販売

2015.03.09

TEDxTohoku

「東北を創る人を増やす」という団体理念のもと、表面化されていない東北の「広めるべきアイデア」を発掘し、イベントの開催およびその模様を動画にて国内外へ発信することにより、東北発のアイデアを共有する機会を提供するテッド東北に、スカイアーチネットワークスのホスティングサービスを無償で提供しています。

お客様への取り組み

従業員への取り組み

技術の向上

  • 資格取得奨励制度の推進
  • 教育の充実化
    (受講者数の推移)

ワークライフバランスの充実化

  • ノー残業デーの推進
  • 仕事と育児の両立
    (制度利用者数の推移)

多様性の推進

学生支援活動

備考

最終更新日

2017.04.12

お電話でのご相談・お問い合わせはこちら

お電話でのご相談・お問い合わせはこちら 03-6743-1100 価格や仕様、サービスの詳細などのお問合せから、クラウド導入についてのわからないことなどまで。

価格・仕様などサービス詳細のお問い合わせや、クラウド導入の分からないことなど、お気軽にご連絡ください。

フォームでのお問い合わせ(無料)