SCT SECURE

SCT SECUREはWebサイトを365日診断し、発見された脆弱性とその対策を365日お知らせできるサービスです。

  • Webアプリケーション、ネットワークデバイスの診断を定期的に実施
  • 10,000項目脆弱性と、5,000以上の攻撃スクリプトをベースにセキュリティ検査を実施
脆弱性診断 SCT SECURE

SCT SECUREはWebサイトを365日診断し、発見された脆弱性とその対策を365日お知らせします。
診断に合格したサイトにSCT SECURE証明マークを表示することで安全性を証明するセキュリティサービスです。
証明マークの掲載によって、お客様に安心感を与え、ビジネスの信頼感を深め、サイトの利用率向上に結びつけることが可能です。

SCT SECUREの特徴

安価・手軽・実績のあるサービス

  • エージェントやソフトウェア等のインストールや特別な機器の導入は不要です。
  • 完全自動の定期脆弱性診断サービスのため、手軽にサービスの開始運用が可能です。
  • グローバルで4,000社以上に導入されています。

ASV登録済みの高信頼性の診断エンジン

  • 高品質かつ信頼性の高い、診断エンジンは世界的な企業や各国の中央省庁、セキュリティベンダにも採用されています。
  • PCI-DSSの認定スキャニングベンダ(ASV)に登録されています。

内部脆弱性診断とシームレスに統合

  • SCT SECUREは外部診断のみならず、PCIDSS3.0で必須となった内部脆弱性にも対応しており、外部診断の結果と同一画面で内部脆弱性診断の管理が可能です。

安全証明マーク及び情報漏えい保険の提供

  • マークには情報漏えい保険が掛けられており、万が一マークを表示しているサイトが攻撃を受け、個人情報が漏えいした場合は保険が適用されます。

安全証明マーク及び情報漏えい保険の提供

※お好きな色をお選びいただけます。

診断項目

  • バックドア・リモートコントロール・ブルートフォース攻撃
  • CGIとFORM処理の脆弱性(SQLインジェクションを含む)
  • デフォルトパスワード・全データベースサーバ・全マイクロソフトのバージョン
  • 全UNIXとLinuxのバージョン・Eメールサービス
  • リモート管理アクセス・リモートデータベースアクセス
  • リモートファイルアクセス・全TCPポート・RPC
  • SMB/NetBIOS・ICMP・HTTPサービス(クロスサイトスクリプティングを含む)
  • OSコマンドインジェクション・クロスサイトリクエストフォージェリ
  • ディレクトリトラバーサル・SNMP・SMTP・UDP
  • FTPとTelnet・ルータとロードバランサー
  • Firewallとアドレススイッチ

料金表

SCT SECUREの料金表になります。

デバイス数 初期費用 年間費用
3 ¥30,000 ¥353,000

※表記は税抜きとなります。

※本サービスのご契約期間は12ヶ月となります。

備考

関連情報

CONTACT内製化支援、クラウド導入やサービスの詳細についてはお気軽にお問合せください。

AWSサービスや企業情報等の資料を無料で
ダウンロードいただけます

資料請求

Webからの各種お問い合わせは
こちら

お問い合わせ

AWSクラウド導入の無料相談会を
随時実施中

無料AWSオンライン相談会

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-6743-1100

(平日10:00~18:00)
  • aws partner Advanced Tier Services
  • aws partner Select Tier Training
  • aws partner L1 MSSP Services Competency
  • aws partner Managed Service Provider
  • aws partner Immersion Day
  • aws partner Well-Architected Partner Program
  • aws partner Solution Provider
  • aws partner Amazon DynamoDB Delivery
  • aws 300 CERTIFIED
    • プライバシーマーク
    • ISO/IEC 20000-1:2018 認証
    • ISO/IEC 27001:2013
    • 仕事と介護の両立支援
    • 職場環境改善宣言企業
    • 経営労務診断実施企業