最近のコメント


    • ミスをして覚える。

      教え方の一例。
      私の場合は、今までの人生、座学では覚えが著しく悪い。暗記だと、すぐに忘れる。
      振り返ってみると経験して覚えてきたといった感じである。

      なので、誰かに作業の仕方を教える時は
      影響の軽いミスを想定内でさせます。
      リカバリーも自分でさせる前提にします。
      これが一番覚えるからと私は思っているからです。

      例えば、
      子供が1年生で電車とバスと歩きで学校に行く必要があった時の例。

      一回目は、一緒に先導してあげる。
      二回目は、子供に先導してもらい、付いていく。間違いは気づくまで待つ。質問して考えさせ自分で修正させる。
      三回目は、一人立ち。(当然、間違えるのだが、既にミスしているので自分でリカバーが可能。また、警察官、携帯電話という便利なものがあるので、それを活用して電話でやり取り。最終的にかなり苦労したが。。)
      四回目は、スムーズな動き。

      とにかく、暗記ではなく、考える力を付けるという事に重きを置いています。
      ミスをしない人で、誰かからの体験を自分の経験に変えられる人であれば、
      それに越した事は無いのですが。

      ちなみに、
      人によっては、この私のやり方は放置と捉える方も多いです。
      放置しているわけではないですよ。

      投稿者プロフィール

      kururimoge
      株式会社スカイアーチネットワークス
      代表取締役社長 江戸達博

      Posted by kururimoge @ 11:13 PM

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.